2016.5.11 味噌作り

昨年大成功だった味噌作りに今年も取り組みます。第一工程の今回は、塩とこうじ、やわらかくなるまで煮て、つぶした大豆を混ぜた「味噌玉」を容器に詰める作業を行いました。勢いよく樽に味噌を投げ入れ、手の平で押さえて空気を抜きます。「楽しい!」と言いながらも、半年後みんなに美味しいお味噌を食べてもらえるように真剣に取り組みました。また、乾燥大豆、もどした大豆、茹でた大豆をみんなで試食。「甘くておいしいね」「これが味噌になるの?」といった声が聞こえました。普段なにげに口にしている味噌が、大豆から時間をかけて出来ていることを体験していきましょうね。次回、第二工程は3ヶ月後に『天地返し』を行います。調理室