2016.10.21「お母さんの愛情弁当を持って!」

森で過ごす豊かな一日。

前回来た時、今度はお弁当を持って来ようね!と、こども達と決めた約束。今日は再び大谷戸公園へ・・・片道50分の道のりを大きい人が小さい人の手を引いて、励ましながら歩きます。到着すると、樹や土や虫や鳥や〝森の住人”達へのご挨拶です。「今日一日、森で楽しく遊ばせて下さい。よろしくお願いしま~す!」とペコリ。。。原っぱを思いきり駆け抜け、森の空気をおなか一杯吸います。固定遊具では、5~6人のグループで遊ぶ姿が多く見られたのも新しい発見です。みんなで遊ぶことを心から楽しんでいる、そんな光景でした。お母さんが朝早く起きて作って下さった愛情弁当、ふたを開けた瞬間から自慢大会が始まります。大事そうに頬張るこども達の姿を見ると、お母さんの愛情パワーはすごいなと感じます。こんな風に日常に変化のある時間をまたこども達と沢山生み出して、思い出ポケットを増やしていきたいと思います。そうそう、森の住人さんへの「ありがとうございました!」のご挨拶も忘れませんでしたよ!