俳句の時間・・・

月に一度、ひかりのお部屋では俳句の時間があります。

石川春兎先生にご指導いただき、黄バッチのこども達が俳句に取り組みます。季節のこと、最近経験したことなど思い浮かべながら言葉を拾います。

五のことば-七のことば-五のことば 

 

多少字余りになっても大丈夫、表現したいことを文字にしていきます。次から次へと生み出すこども達。

「おいもほり おおきいくもが くものすに」

「おいもほり はだしになって あそんだよ」

先日の芋ほり遠足が楽しかったのでしょうね。こども達の素直な気持ちが俳句になって残ります。幼児期の俳句の経験は、ウィズチャイルドで大切にしている取り組みです。