魚をさばく

板前さんに変身した鉄太郎先生が、こども達の為に魚をさばいて下さいました。

アジ、イワシ、サンマ、サバ。同じお魚なのに大きさも色も違って、しかもそれぞれにお名前がある。事前にお給食の先生からお話は聞いていたけれど、目の前で本物を見ると、迫力が違います。

にじのお部屋のお友達とひかりのお部屋の赤バッチさんは、最初はつんつん、とお魚を突いて様子を伺っていましたが、何だか怖くないかも…と確信すると、キャーッと歓声を上げながらお口をパクパクさせたりひれを動かしていました。緑・黄バッチさんは、魚の体のしくみについて鉄太郎先生から教えてもらい、実際にさばく様子を見せていただきました。さばいたお魚はお給食の時間においしくいただきました。お魚は海で生きていたけれど、今は死んでるね、その命がみんなの命になるんだね。だから残さずいただきましょう。「おさかな、おいしい!」と言いながらもりもり食べていました!