クッキー焼きをしました

もうすぐクリスマスがやって来ます。今日は、にじのお部屋とひかりのお部屋のお友達がクッキーを焼きました。エプロンと三角巾をつけて、石鹸で手を洗って、クッキーを焼く準備はバッチリ!それから、心の準備も忘れずに。

こども達が作る2枚のクッキー、ツリーの形は自分が美味しく頂くために。そしてお花の形は、世界中の恵まれないこども達の為に焼きます。日本に暮らす私たちの当たり前にある日々の幸せ。でも、世界には恵まれないこども達が沢山いることを忘れてはいけません。クリスマスはそんなことを考える日であって欲しいな、と願い、毎年この時期にクッキーを焼くのです。

そんなお話の後、さあ、いざクッキー作りです。ふわりとした生地に型を押し込め、アンジェリカで飾りつけ。一つ一つ丁寧に摘みながら、何やら難しい顔で生地とにらめっこ。どうやらアンジェリカの配置について考えているようです。色にこだわるお友達もいて、それぞれの個性が光るクッキー焼きとなりました。

こども達が心を込めて作ったクッキーはクリスマス会の受付で販売し、ユニセフ募金とさせていただきます。皆様のお気持ちが、届きますように・・・