さくらがおかみなみ園

木の香りがいっぱいのおうちの様な保育園です。

さくらがおか南口商店街の一角に位置し、地域の皆様から愛される園を目指します。

 

〒206-0003

東京都多摩市東寺方1-2‐11

連絡先 042-376-3541 (各種お問合わせ代表番号)

    042-357-0373 (利用者専用ダイヤル)

※在園児・卒園児の方は専用ダイヤルをお使い下さい。

 

ウィズチャイルドホームへ

* 経営理念

* 各施設の空き状況 

* さくらがおかモンテッソーリスクール(短時間保育・幼児教育施設)

*「登園許可証」「登園届」ダウンロード

* 多摩市防災マップ

※在園のご家庭は「みなみ園お知らせ」欄を随時ご確認下さい

2019年

1月

12日

おもちつき

毎年恒例、年初めのおもちつきが、石坂ファームで行われました。

 

石坂ファームに足を踏み入れると、そばの畑で収穫されたもち米がせいろで蒸されていて、ほかほかの湯気がこども達を出迎えてくれました。

 

今年一年、お世話になる石坂さんとのご挨拶を済ませると、さっそくひと臼目が蒸しあがりました。お父様達が杵で、ほかほかのもち米をならしてくださいました。仕上げはこども達です。

 

親御さんの間にすっぽり埋もれて一緒にもちをつく人もいれば、一人で挑戦する人もいました。こども達が順番にもちをついた後は、つきたてをお母様達が手分けして、あんこ、きなこ、砂糖醤油に大根おろしと味付けをしてくださいました。大きな塊のおもちは、お母様達の温かい手の中で、小さいこども達の口にすっぽり入るサイズにわけられていきました。

 

前日に年長さんが作って下さった田作りも手伝って、おもちはあっという間にお腹の中におさまりました。そうこうしているうちに、お雑煮も出来上がって…。冷えた身体が芯から温まりました。

 

お父様やこども達の手によってつかれた大きな塊のおもちが、お母様の手によって小さく分けられてそれぞれのお腹の中におさまる。そんな風景をみていると、みなみ園が一つの大きな家族のように感じられます。

 

一年の初めに、こども達の健やかな成長を願って集うことができたことに、心から感謝致します。

 

 

たくさんのお写真は、アルバムをご覧ください。

続きを読む

2018年

12月

28日

新年明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。

 

2019年のスタートです。

今年の干支は『亥』イノシシ、目標に向かってまっしぐら、なんだかワクワクしますね。

でも時々振り返る余裕、そして立ち止まる勇気も大切ですね。

さて、また泣き笑いの1年が始まります。

みんな愛おしいこども達です。心の内底にある、”良い子になりたい”という願望を大人は信じて待ちましょう。

 

「こんなことがしたい!」そのワクワクする心に寄り添い・・・・

「ありがとう!」を、おとなもこどもも沢山使って・・・・

今年も、豊かな成長の日々を保護者の皆様と共に見守って参りたいと思います。

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

続きを読む

2018年

12月

01日

わいわいみんなでオーナメント作り!

さくら通りの桜の木が、青や白の電飾でキラキラと輝き始めました。お迎えの時間が何だかうきうき、ワクワクした気分になるクリスマスの季節になりましたね。

 

毎年恒例の有志保護者によるクリスマスオーナメント作りを行いました。

 

お部屋には、色々な素材がいっぱい。ビーズ、折り紙、綿、まつぼっくり…アイデア満載の個性豊かなオーナメントがたくさん出来上がりました。

 

制作の後は、ジンジャークッキでおやつタイム。おやつを食べながら、楽しいおしゃべりと笑い声で溢れていましたよ。

 

みなみ園がクリスマスの空気で包まれています。

 

たくさんご参加ありがとうございました。

 

 

続きを読む

2018年

11月

20日

高尾山めざしてレッツゴー!

 お天気にも恵まれ4人揃って高尾山に登ることができました!

 

登りは1号路、急な坂が続きます。

歩き始めてすぐに「早くお弁当が食べたい!」「まだ~?」と何度か道に座り込む姿もみられ、先行きが不安な声が聞こえていました。「金比羅台」に向かう山道に入ると、気持も上がり高さのある木の階段もなんなく登り、山から見える町の景色を楽しむ姿も見られました。「たこ杉」や「天狗の腰掛けすぎ」の大きさに驚き、「おおてんぐ」「からすてんぐ」の違いにじっと目を見張りながら、頂上にたどり着きました。

 

おうちの方が作ってくれたお弁当を嬉しそうに口に頬張る姿は幸せそうでしたよ。頂上記念のスタンプは「むささび」。「可愛い!」と何度も押す姿も見られました。

 

さて、帰りは「男坂」の108段の階段の数を数えながら下ってきました。子どもによって数は様々でしたよ。足取りも軽く楽しくお喋りをしながら、ケーブルカー乗り場へ。一番前に乗ることができ、あんぐりと開けるトンネルの口と吸い込まれそうな景色に「怖いよ~。」と不安な様子で乗り込みました。動き出すと「さっき登った山だね。」と、景色を楽しんでいました。

 

「599ミュージアム」で高尾山の四季にまつわる動物映像に「きれい。」と驚き、山の木の実に触れ、植物や昆虫の標本に親しんできました。

 

帰りの電車は、みんなぐっすりとお休みタイム。そこで体力を少し回復し、「ただいま!」と元気よく戻ってくることができました。

 

その他沢山の写真はアルバムをご覧下さい。

 

続きを読む

2018年

11月

19日

にじのお友達もおいも掘りに行ってきました!

秋晴れの空の下、幼保園・こども園のお友達と一緒にさつまいも掘りに行ってきました。

夏の終わりにどろんこ遊びをたくさんしたので、土とはもうお友達です。畑に着くとすぐに裸足になり、足の裏でも土の感触を楽しみました。「冷たいねー」「きもちいい~!」と大興奮のこどもたちが早速おいも掘りに取り掛かります。スコップなどの道具を使わずに素手で掘るのは少し難しそうでしたが、保育士の「すっ…ぽーん!」という掛け声に合わせ綱引きのように引っ張ると、大きなさつまいもが土から飛び出しました。あちこちから「抜けた~!!」と歓喜の声が上がり、自分が掘ったおいもをお友達と見せ合いっこしたり、赤ちゃんのように大事に抱えたりと本当に嬉しそうでした。

おいも掘り以外にも、土の中から出てきた虫を捕まえたり、いもの蔓で綱引きをしたり、大根やトウガラシが実る様子を見たり、片道35分の道を往復歩ききったりと、普段なかなかできない経験をたくさんすることができ、充実した一日となりました。

続きを読む

2018年

11月

07日

水防訓練しました!

小雨が降る中、水防訓練をしました。

 

訓練の前に、保育士から「なぜ避難するのか?」「どのように避難するのか?」を聞き、リュックを背負い、レインコートを着て、オーパ2階の広域避難場所へ出発です。

自然におしゃべりも無くなり、後ろを振り返りお友達の様子を気にかける等こども達なりに緊張感を持ってのぞんでいました。

 

「ピクトさんがいる!」こども達の関心は避難場所マークのピクトグラムに…。

「この場所には大勢の人が来るんだよ。」と避難場所の大切さのお話を保育士から聞き、水防訓練を終えました。

 

 

続きを読む

2018年

10月

31日

みんなでおいも掘り!

ひかりのお友達19人、お母様4人、先生3人、

さぁお芋掘りに、レッツゴー!

道中、ワクワクする気持をおさえながら石坂ファームまでの道のりを、仲良く手をつないで歩きます。

畑では、太陽の光と土の栄養をたっぷりうけて育ったさつま芋が、みんなを待っていました。

土の中からお芋の頭が見えると、そーっと丁寧に掘り進めるこども達、「ギャ~虫がいる~」虫も美味しいってお芋に集まって来るのかな?

平日になりましたがお母様も参加してくださり、楽しいお芋掘り体験になりました。

帰りは、自分の掘ったお芋を自分のリュックに入れて、しっかり園まで運んできました。

おやつ用の土のついたお芋は、みんなでごしごし洗って調理の先生に美味しいおやつを作っていただきましょうね。

お家に持ち帰るお芋を眺めながら「スイートポテトにしてもらおう!」とさっそくお母さんへのお料理リクエストを思いついていたようです。

 

里山の秋の自然に触れ、秋の味覚を味わい、大満足の一日でした。

 

その他のお写真は、アルバムをご覧下さい。

続きを読む

2018年

10月

07日

みんなでジャンプ!

台風の影響で真夏の陽気を感じさせる秋空の中、「みんなでジャンプ!」を行いました。

まず始めに音楽に合わせて「親子でメリーゴーランド」のスキンシップ体操。お父さん、お母さんに、ぎゅっと抱っこしてもらった笑顔は、とても癒されました。

年長さんの「スタートの言葉」「虫取りゲーム」の紹介は、緊張した面持ちながも、4人のチームワークでとても立派な姿でした。年長さんの「虫取りゲームコーナー」も大盛況でしたね。

8つの運動遊びのコーナーは、親子で一緒に身体を動かし、時にはお父さん、お母さんと競い合ったりと楽しい時間を過ごしました。ブレイクタイムの手作りクッキーはいかがでしたか?  その後も、ジャンプは続きます。後半戦はこども達の大好きな「汽車ポッポ体操」。お父さん、お母さんもノリノリでしたね。

毎年恒例のみんなで力を合わせて競い合った「玉入れ」「綱引き」。

そして、全員で手をつないで輪になって歌った「ありがとうの花」。

たくさんご参加して頂き、ご協力も頂きありがとうございました。

 

来年は、どんな「みんなでジャンプ!」になるのか、楽しみです。

 

たくさんの笑顔は、アルバムをご覧下さい。

 

続きを読む

2018年

10月

01日

博物館遠足

年長になると楽しみにしているおしごとのひとつに、「生命の歴史」があります。

人間はこの世界に誕生してごくわずかなこと、氷河期があったことなど色々なことを学んでいきます。

また、虫が好きなこども達です。上野にある国立科学博物館では、生命の歴史だけでなく、特別展が開催されており昆虫が飾られているのを知り、こども達と話し合い行くことになりました。

満員電車に揺られていると、ぎゅうぎゅう過ぎてなんだか笑ってしまうこども達。

「お父さんは、いつもこうして会社に行っているんだね」と実感していました。

博物館に入ると、「うわぁ~」と歓声をあげ、特にティラノサウルスの大きな骨に、目をキラキラと輝かせていました。「あっちも見たい」「もう一回アンモナイト触りたい」とお互いの意見を聞きあいながら、楽しんできました。

お母さんが作って下さったお弁当を食べて元気復活し、特別展の昆虫を見に行きました。「蜂の巣が見たい」「ゾウカブトがいた」自分が興味あるものに対してじっくり見て、その時間をそっと見守るお友達がいて優しさを感じました。

 

これからのおしごとに活かして、過ごしていこうと思います。

 

その他の写真は、アルバムをご覧下さい。

 

続きを読む

2018年

8月

29日

花火がドーン

 

めばえのお部屋では、

♪ドンとなったはなびだきれいだな~♪

と、花火の歌に合わせて身体を動かしたり、花火の制作を楽しんだりと、夏ならではの遊びを楽しんでいます。

 

  

 見慣れない紺の模造紙を目にした瞬間に なんだろう? と不思議そうにしていましたが、大好きなクレヨンを手にすると大きな模造紙いっぱいにのびのびと楽しそうに描いていました。出来上がった絵を見るとなんだか夜空に浮かぶ大きな花火のように見え、「花火みたいだね」と保育士がつぶやくと、「はなび!」と喜ぶ様子も見られました。

せっかくなので、その夜空に花火を作ることにしました。画用紙がうまくちぎれなかったりしましたが、上手にできると、とびきりの笑顔を見せてくれました。

のりに抵抗があるお友達や、感触を楽しみながら「ぬりぬり」と言いながら取り組むお友達と様々でした。一人ひとりの作品はとても面く、見ごたえのある作品になりました。

飾ってある作品を見たこども達も、「はなび」や「どーん!」「あ!」と言い指を差し、自分が作ったものと言う意識もあり、成長を感じた夏になりました。

 

この作品は、ホールに飾ってありますのでぜひご覧になってくださいね。

続きを読む

2018年

7月

15日

みんなで食べるとおいしいね

楽しみにしていたカレーパーティです。「おはよう。じゃなくてこんにちは」の挨拶から始まりました。

 

お買い物では、買うものを探したり、お財布を落とさないように、ぎゅっと握りしめて歩いたり、重たい買い物かごを運んだりと、こども達一人ひとりがみんなの為にと頑張っていました。

 

カレー作りでは、野菜の皮をむき包丁で切ったり、サラダを作ったりと「おいしくな~れ」の気持ちがこもっていました。

山盛りのカレーを食べていると「みんなで食べるからおいしいね」と温かな言葉が聞こえてきました。

 

年中さんが帰ると静かな保育園になりましたが、年長さんは花火を楽しみ、シャワーでは自分の体や髪を洗い、自分のことは自分でする頼もしさが見られました。

 

「夜の保育園はドキドキする」と言いながら、すぐに夢の世界に入ったこども達です。

 

お迎えにいらしたお母さん、お父さんに会うと、ニコニコ~と笑みがこぼれていましたね。

楽しいカレーパーティと保育園でのお泊りの様子は、アルバムをどうぞご覧ください。

 

 

 

続きを読む

2018年

6月

06日

多摩川に行ってきました!(黄バッチ)

身近にある多摩川はどこにつながっているのだろうねと聞くと、「水道管!」そうだね、水道管はどこにつながっていくのかな「うみ?」そうだよ広い海につながっているんだよ。「このお部屋よりももっと広いの?」もっともっと広いよ「泳げるのかな、無理かな」とこども達に問いかけながら『水の循環』のお話をしました。「ぐるぐる回ったら、目が回っちゃうね」循環するということをこども達なりに表現していました。多摩川の水はきれいなのかな、検査するものがあるんだよと伝えてみると、「やってみよう」となりました。

 

多摩川の四ッ谷橋付近までの道のりは暑かったのですが、休憩を取りながら、おしゃべりを楽しみながら歩いて行きました。水をくんだり、温度計で水温を計ったりスポイトを使って小さな入れ物に水を移しいれたりと、前日の練習を活かし4人で協力して検査して来ました。

2回検査した所、少しきれいな水と解り安心しつつ、「ゴミがあるね」「だからちょっと汚れていたんだろうね」こども達なりに考えていました。「ゴミは捨てたらいけないよ」「ゴミは拾おうよ」と頼もしい声が聞こえて来ました。

 

6月5日は、世界環境デーです。私達にできる事から始めていこうと思います。

続きを読む

2018年

5月

23日

動物園遠足(みどり・きバッチ)

5月23日、多摩動物公園へ遠足に行ってまいりました。リュックの中には愛情たっぷりのお弁当。登園したこども達はわくわくの気持ちが身体から溢れていました。

 

電車に乗る前にはみんなでお約束の確認。

「しんぶんとかほんをよんでるひとがいるから、しずかにする!」「おおきなこえをださない」自分達で決めた約束事ですから、それはもうきっちりと守っていました。

 

多摩動物公園は大規模工事の真っ最中でしたが、ひとつひとつの動物をじっくり観察することができました。

 

最初に出会った動物はチーター。ガラス越しに見える勇ましい姿に興奮気味のこども達は、チーターが右に歩けばぞろぞろと右に移動し、チーターが左に歩けばぞろぞろと左に移動し、まるで動物と遊んでいるようでした。

 

ほかにも、お腹を空に向けてねこのようなしぐさをするライオンや、色彩豊かな羽を広げてみせるフラミンゴ、水浴びをするゾウ等、動物達のさまざまな表情をじっくりと観察することができました。

 

お弁当を木陰で美味しく頂き、くたくたの帰り道は、園長先生がこっそりリュックに忍ばせてくれた飴玉を口にほうり込み、元気いっぱいでみなみえんに帰ってくる事ができました!

 

たくさんの写真は、どうぞアルバムをご覧下さい。

 

2018年

4月

20日

とうもろこしの種植え(黄バッチ)

黄バッチ4人で「石坂ファーム」に行って来ました。お天気も良く、いつもより少し遠い道のりを水分補給をしながら、周りの景色を楽しんで向かうことができました。「とうもろこしの種は黄色。」と思っていたこどもたち「赤い種」を見て「えっ!?何で。」と驚いていました。6月には「間引き」があります。その時まで、大きくな~れ!と、畑を後にしました。

2018年

4月

14日

春の親子遠足

2018.4.14(土)

多摩川の一ノ宮公園で「春の親子遠足」を行いました。

親子でスキンシップを楽しんだ「みんなのせんたくもの」体操。

「初めまして、よろしくね!」とたくさんのご家族と一緒に交流した自己紹介ゲーム。

そして、こども達の大好きなうた「ポンポン時計」では、保護者の皆様とこども達そして職員が、大きな大きなひとつの輪になりとても温かい時間を過ごすことが出来ました。

本年度もよろしくお願いいたします。

 

たくさんの写真は、アルバムをご覧ください。

 

続きを読む