さくらがおかみなみ園

木の香りがいっぱいのおうちの様な保育園です。

〒206-0003

東京都多摩市東寺方1-2‐11

連絡先 042-376-3541 (各種お問合わせ代表番号)

    042-357-0373 (利用者専用ダイヤル)

※在園児・卒園児の方は専用ダイヤルをお使い下さい。

 

ウィズチャイルドホームへ

* 経営理念

* 各施設の空き状況 

* さくらがおかモンテッソーリスクール(短時間保育・幼児教育施設)

*「登園許可証」「登園届」ダウンロード

* 多摩市防災マップ

※在園のご家庭は「みなみ園お知らせ」欄を随時ご確認下さい

2017年

5月

19日

動物園へ行こうよ!

初夏を思わせるような一日。

今日は動物園遠足です。お家の方が作って下さった愛情弁当を持って、みんな本当に嬉しそう。

事前に約束事を自分たちで考えたり、見たい動物について特徴を学習したり、期待は頂点に!

大きい人が小さい人と手をつなぎ、しっかりリードします。予想通り大混雑の動物園。でも、私達は混みこみを避ける作戦のルートで、悠々と動物観察ができました。ラッキーだったのは、アフリカゾウの前で、ぞうのうんちの話や歯の話を、ガイドの方に聞くことでができたことです。大きなうんちに、びっくり仰天!まじまじと眺めるこども達が印象的でした。

 

遠足はとにかく楽しい!

みんなで食べるお弁当は格別!

 

8人のこども達の心の中に、素敵な思い出がまたひとつできました。

 

その他、沢山の写真は、どうぞアルバムをご覧下さい。

続きを読む

2017年

4月

25日

こいのぼりがいっぱい!

1Fホールに、たくさんのこいのぼりが出現!

 

窓には、小さいお友達がみんなで作った共同制作のこいのぼりが、悠々と現れました。

空間には、大きいお友達が作った1人1人の個性あふれるオリジナルのこいのぼりが、たくさんたなびいています。

力強いもの、やさしいもの・・・色とりどりのこいのぼりで、ホールはいっぱいになりました。

こども達の成長を願い、みんさんで賑やかなこいのぼりを楽しみましょう。

みんな大きく大きくな~れ!

 

続きを読む

2017年

4月

21日

大きくな~れ!

黄バッチ4人で出掛ける初めての石坂ファームです。

行くまでの道のりは、歌をうたったり、咲いている花を眺めたり、川で工事している方に「何をしているんですか~」と尋ねてみたりと、ワクワクな足どりです。

石坂ファームにつくと幼保園とこども園のお友達にご挨拶です。すると、「あのね、知っているかもしれないけど、種はね指の2番目の関節までいれるんだよ。」と,こども園のお友達が教えてくれて「そうなんだ~」と,こども同士会話が弾んでいました。

石坂さんには種の秘密を教えて頂き、2粒ずつ植えました。第2関節まで植えるとやさしく土をかぶせ、「大きくな~れ」の気持ちも一緒に植えてきました。

石坂さんが、「畑の散策して行きますか?」と玉ねぎやきぬさや、ブルーベリーの花やムスカリの花、土からニョキと生えたアスパラに興味津々でした。

「ありがとうございました」のお礼をして、みんなで並木公園へ。始めは4人で遊んでいましたが、色んな遊具で遊ぶうちに、お友達になって「行くよ~」と滑り台を一緒に楽しみ、お弁当を食べて帰って来ました。

 

今度伺う時は間引きです。種から芽がでて、どんな葉っぱがみられるのか楽しみにしている黄バッチです。

続きを読む

2017年

4月

15日

春の親子遠足 みんな集まれ!

爽やかな春風が吹く多摩川沿いの一ノ宮公園、、、

新入園児の皆さん8人のお友達を交えて、”春の親子遠足”が行われました。

みんなで、体操をしたり、自己紹介ゲームをしたり、各お部屋に分かれてのコミュニケーションタイムなど、「はじめまして、よろしくね!」を合言葉に、保護者の皆様にとって大切な親睦の時間となりました。戸外で開放的な気持ちになって、赤ちゃんを抱っこしながら、初めて知り合う親御さん同士のおしゃべりは、とても楽しそうでした。みなみ園というひとつのお家で、これからみんなで仲良くゆっくり過ごします。1人1人のこどもがその子らしく、幸せな日常生活が送れるよう、これからも全力でお手伝いをして参ります。

春~夏~秋~冬~これからはじまるこども達の成長を、ご一緒に楽しみに致しましょう。

 

同日、遠足終了後みなみ園で開催された保護者会には、本日遠足に出席して頂いた32名の保護者の方全員が、保護者会に参加して下さいました。100%の出席率は、本当に嬉しいことです。

みなみ園で一番大切にしている園からの発信を聴いて頂き、心から感謝いたします。ありがとうございました。

 

春の親子遠足のその他の写真は、どうぞアルバムをご覧下さい。

続きを読む

2017年

4月

05日

2017.4.2 桜まつり

五分咲きの桜も、趣があるものですね・・・

4月2日(日)聖蹟桜ヶ丘駅周辺では、「桜まつり」が開催され、今年も沢山の人で賑わいました。

ウィズチャイルドは地域密着型の保育園です。沢山の先生方が地域貢献の為・・というよりも自分達が楽しむため??に、桜まつりに参加させて頂きました。毎年恒例の”いももち”販売は大盛況。大型絵本の読み聞かせ、クラフトコーナー、♪恋ダンス♪で本領発揮の先生もいたりして。お祭りは、みんなの心が弾むイベントですね。

みなみ園の前の道路では、KAOARTが行われ、この日限りは歩行者天国になり、道路に落書きOK!みなみ園の保護者のお父様が、ウィズチャルドのシンボルマーク”ウィズくん”を、いの一番に園の前に書いて下さいました。本当に嬉しいことです。

みなみ園は、トイレ開放をしていますが100人以上の親子が利用して下さいました。

卒園生も、園を尋ねてくれて、懐かしい顔に再会することも出来ました。

みなさんの、笑顔があふれるさくら祭り、来年もお天気になりますように・・・

来年も皆さんで楽しみましょう!

続きを読む

2017年

3月

31日

保育園最後の日は、みんなでカフェへ・・・

いつもの6人、いつもの仲間で過ごす保育園最後の日。

みなみ園のお隣にある”シナモンカフェ”、毎日お散歩で、前は通るけどお店に入ったことはありません。「最後にお茶しに、行かない?」そんな誘いに大喜びの黄バッチさん。自分でオリジナルのお財布を作り、その中にお家の人から450円を入れていただいて、いざカフェへ。メニューを見て、「オレンジジュース下さい!」と元気良く注文して待つこと3分。テーブルにジュースが届くと、「みんなで、乾杯しよう!」と予想通りの自分たちの世界がスタート。なんのお話がしたい?と問いかけると、話題はこども達に任せます。

「お友達の良いところ」「みなみ園の大好きなところ」「一番の想い出は?」「大好きなひと」「大好きなおしごと」話がつきません。

お店の方から、ゴマクッキーの差し入れをして頂きました。前歯が抜けているこども達は、ポロポロこぼしながら「美味しいね」とクッキーをいただいて・・・これも大切な想い出です。1人1人お金を払って、「ごちそうさまでした」のご挨拶。

黄バッチだけの素敵な1時間はあっという間に過ぎました。今は自分たちの特別な時間だということを、こども達は認識しているかのように、お互いを見つめ合ったり、笑いあったり、手を触れ合ったり、会話がつきません。

今日の日を、忘れずに、小学校へ羽ばたけ!

みんな、みんな楽しい思い出をありがとう、元気でね!

続きを読む

2017年

3月

24日

おもいで遠足(黄バッチ)

春から一年間お世話になった石坂ファームへ、おもいで遠足に行ってきました。みなみ園から歩いて40分ほどの道のり。去年の4月16日、とうもろこしの種植えで初めてみなみ園から石坂ファームまで歩いたとき、こども達は「まだ着かないの?」「どれくらい歩くのかなぁ」と言いながら歩いていました。今日は、4月の頃と比べてしっかりとした足取り。高尾山や博物館遠足に行ったのだから、片道40分なんてへっちゃらです。

 

石坂ファームでは、お昼ご飯の準備を全て自分たちの手で行いました。お味噌の具材は畑で収穫。火をおこしてお米を炊いて、お野菜を切って…。その後はお箸とお椀作り。裏山の竹をのこぎりで切ったものを更に使いやすく、ナイフややすりで作っていると、お米の炊けるいいにおい…。そしてお味噌汁のいいにおい…。

 

お味噌汁はお野菜たっぷりで「あ、これは私がつくった切干大根だ」「さっき切ったカブだよね?」などとお話しながらあっという間にぺろりと平らげ、おかわりもあっという間になくなり、お味噌汁のお鍋もあっという間に空っぽになったのでした。

 

裏山ではたくさん遊んで、福茶も頂き、最後は野花を活けました。

 

とても貴重な体験ができた一日でした!沢山のお写真はアルバムをご覧くださいね。

続きを読む

2017年

3月

19日

第5回 ウィズチャイルドさくらがおかみなみ園 卒園式

春の足音が近づく中、第5回さくらがおかみなみ園の卒園式が行われました。6名の卒園児の皆さんは、お母様が作って下さったコサージュを胸につけ、晴れ晴れしく卒園の日を迎えました。

 

卒園証書を受け取る姿は凛としていて、思い出の作文も堂々と読むことができました。お家の方からの心温まるお手紙に、涙があふれるお友達もいました。

 

みんなが困らないようにお互いを思いやり、いつでも仲間のことを考える素敵な6人の皆さんです。小さい頃から豊かな愛情を沢山あびて、本当に素直に優しく育ちました。

 

年長児らしく、挑戦する強い心や、困ったら自分たちで解決するチームワークなどは、年下のお友達のお見本でした。みなみ園で学んだ多くの経験を、これからの小学校生活に活かして、小学校という新しいステージに羽ばたいて下さい。先生達は、いつでも応援しています。また遊びに来てくださいね。

 

たくさんの写真は、黄バッチ限定アルバムをご覧ください。

 

続きを読む

2017年

1月

20日

2017.1.19 黄バッチ博物館探検

”生命の歴史”のおしごとに取り組み始め、地球誕生から生命の歴史について興味を広げている黄バッチのみなさん。

調べたいと思ったら2~3人で集まって、図鑑を開き「調べてみよう!」と興味から学びへと発展しています。

恐竜の生態を調べたり、化石ってどんなものなんだろう?など、ハテナ?がいっぱいです。そんなこども達と一緒に、上野にある”国立科学博物館”に行くことになりました。

事前学習は、こども達に任せました。「みんなは、何が知りたいの?」それは、次から次へとあふれ出ます。ティラノサウルスってどれくらい大きいのかな?世界で一番大きな花はなに?ジンベイザメの口の中はどんなふう?マンモスの骨見てみた~い・・・図鑑を開きながら会話が弾みます。「実際に恐竜の骨を見てみたいね。」そんなこども達の興味に寄り添い、博物館遠足が決まりました。

実際に見た、アンモナイトの化石、実寸を復元した恐竜の骨、動物の剝製、人類の歴史を追って猿人、原人、旧人そして自分たちへと進化していく模型を見たり、見るもの見るものが驚きと発見です。丸1日を博物館で過ごしたこども達ですが、疲れ知らずで心が動かされるままに各展示室を見学していました。博物館でのマナーもバッチリでしたよ。

見たこと、確かめたこと、知らなかったこと・・・

探究心に揺り動かされた貴重な体験は、こども達の次のワクワクに、きっとつながることでしょう。

 

その他の博物館探検の様子は、どうぞアルバムをご覧下さい。

続きを読む

2017年

1月

07日

2017.ぺったん!おもちつき

2017.1/7(土)

新しい年が明けて最初の土曜日。石坂ファームさんの軒先で、おもちつきを行いました。晴天に恵まれ暖かく風もなく、今日はおもちつき日和。ひかりのお部屋のご家族が集まって、こどもも、大人も、先生も、みんなでおもちつきを体験しました。

日本のお正月の文化として昔から行われているおもちつきです。毎年こうしてのどかな里山の風景の中、杵を手に「よいしょ!よいしょ!」ともちつき体験が出来るのは、本当にありがたいことです。

エプロンをつけたお母さま方が作って下さった、きなこもち、だいこんもち、あんこもち、お雑煮・・・みんな、おなかいっぱい食べました。黄バッチさんが作ってくれた田作りや、白菜のお漬物も美味しくて、おもちがどんどん進みます。

満腹になったら、裏山へレッツゴー!竹林の中を、登って走ってすべって降りて、親子で一緒に体を動かしました。こどもは元気!大人の方がへとへとになってしまったようです。

楽しいひと時の最後には、「てんやのおもち」の手遊びをして親子でふれ合いました。みなさんで手をつなぎ「今年も、みんなが健康で幸せに過ごせますように・・・」との願いを込めて、”さよならあんころもち またきなこ”で、さようならをしました。

 

おもちつきをしている笑顔満載のお写真は、どうぞアルバムをご覧下さい。

2017年

1月

04日

「新年、明けましておめでとうございます」

H29年1月4日(水)お天気は晴れ!  

朝から「おめでとうございます。」こども達の方から、元気良く新年のご挨拶が飛び交います。「みなみ園のこども達は、えらいな~。」とつくづく感心しながらの、新年のスタートです。

 

新しい年が明けると、大人は干支のことや新年の抱負などを語ったりしますが、こどもにとっての成長は、昨年から新しい年へと継続的に線でつながっています。区切りはありません。日々成長を遂げるこども達の「ひとりでするのを手伝ってね!」そんな心の叫びを受け止めて、私たち大人は口や手を出し過ぎず、こども自らの成長を見守りたいですね。

育児を楽しむことは親の特権です。だからこそ思い切り楽しみましょう!

 

今年も、みなみ園のお家で生み出される沢山の「育ちの物語」を、保護者の皆様と共有し、日々の生活を大切にしながらこども達と共に過ごして参りたいと思います。

 

本年も、どうぞよろしくお願い致します。    園長

 

※H29年度0歳児入園希望の方の見学は随時受け付けています。新しいお仲間をお待ちしております。  

2016年

12月

23日

素敵な時間 ♪クリスマス会♪

12月 最後の祝日・・・

みなみ園では、和やかにクリスマス会が行われました。

こども達の歌声・合奏は、いつも私達大人の心に温かく響きます。今日はサプライズで、お父様のトランペットの生演奏がありました。迫力ある音色に、視線集中!特別なお父様の音楽のプレゼント、本当にありがとうございました。”何を食べているんでしょうか?ゲーム”では全員参加で盛り上がり大人もこどもも、私が主役!で楽しく参加して頂きました。黄バッチの、ハンドベルも堂々と演奏して、沢山の拍手を頂き、きっと大きな自信となったことでしょう。乳児のお部屋では、親子で製作したり、踊ったり、ペープサートを楽しんだりと、和やかな時が過ぎました。今日は、みなみ園のお家でみなさんで楽しく過ごしたクリスマスでした。明日はみなさんのお家でご家族一緒に、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

 

沢山のお写真はアルバムをご覧下さい。

2016年

12月

20日

クッキー焼きをしました

もうすぐクリスマスがやって来ます。今日は、にじのお部屋とひかりのお部屋のお友達がクッキーを焼きました。エプロンと三角巾をつけて、石鹸で手を洗って、クッキーを焼く準備はバッチリ!それから、心の準備も忘れずに。

こども達が作る2枚のクッキー、ツリーの形は自分が美味しく頂くために。そしてお花の形は、世界中の恵まれないこども達の為に焼きます。日本に暮らす私たちの当たり前にある日々の幸せ。でも、世界には恵まれないこども達が沢山いることを忘れてはいけません。クリスマスはそんなことを考える日であって欲しいな、と願い、毎年この時期にクッキーを焼くのです。

そんなお話の後、さあ、いざクッキー作りです。ふわりとした生地に型を押し込め、アンジェリカで飾りつけ。一つ一つ丁寧に摘みながら、何やら難しい顔で生地とにらめっこ。どうやらアンジェリカの配置について考えているようです。色にこだわるお友達もいて、それぞれの個性が光るクッキー焼きとなりました。

こども達が心を込めて作ったクッキーはクリスマス会の受付で販売し、ユニセフ募金とさせていただきます。皆様のお気持ちが、届きますように・・・

 

 

続きを読む

2016年

12月

14日

☆みんなの太陽☆

階段の踊り場のところに大きな太陽が現れました。

「ぽかぽかの言葉(言われたらこころが温かくなるような素敵なことば)」で作られた、ひかりのお部屋をイメージした太陽です。

 

お友達に言われたら嬉しくなっちゃう言葉ってどんなことば? みんなが幸せになることばってどんなことば? 時には、人を傷つけてしまうことばを使ってしまったりするけれど、本当はみんな仲良しでいたいよね。自分だけではなく、人への思いやりや、やさしさが大切。ひかりのお友達の顔写真を真ん中に、ぽかぽかの言葉が周りを囲んでいます。

お友達へのやさしい思いで表現した、世界で一つの”ひかりの太陽”です。

 

製作過程やひとつひとつの言葉は、どうぞ続きをご覧下さい。

続きを読む

2016年

12月

08日

澄み渡った空気と高尾山・・・

6人の黄バッチさんが、高尾山登頂にチャレンジです!

 

待ちに待った高尾山登頂の日。しおり作りから始まって、応援係、準備体操係と、役割を決めて今日の日を迎えました。高尾山に詳しい事務長先生もお誘いして、案内人になって頂きました。手と手を重ね合わせ「よし!頂上目指して頑張るぞ~オー!」のかけ声で出発です。

2人ずつ手をつなぎパワーを送りあって登ります。途中で出会う道行く人には、「こんにちは」と気持ちの良いご挨拶。あと、少しで頂上のその瞬間にカウントダウンがはじまりました。「5.4.3.2.1.0 やったー!」。今どんな気持ち?とインタビューすると、「スカッとした」とにっこり。澄み渡る空に、雪化粧した富士山がくっきり見えて、山頂の大パノラマはそれはそれは素晴らしい景色でした。スカイツリーや新宿副都心も良く見えて、標高599mの高尾山の頂上での醍醐味を十分に味わうことが出来ました。

春からの基礎体力作りの成果が、しっかり今日のこども達の姿に現れました。誰一人弱音をはかず、登っている背中は本当にたくましくみえました。

予定にはなかったのですが、”599ミュージアム”に立ち寄りました。高尾山の動植物・昆虫・きのこ・動物の剥製などの展示が数多くあり、ラッキーだったのは、プロジェクションマッピングも観ることができました。

 

想い出が沢山ありすぎて、何が楽しかった?の質問には「ママのおにぎり!」ですって・・・なるほど、素晴らしい応えに納得する一日となりました。

沢山の写真は、アルバムをご覧下さい。